思っていたより安い!会計ソフトの導入

会計ソフトの導入に必要なコスト

会計ソフトの導入を本格的に検討するにあたり、事業活動に適した製品の価格を詳しく調べる必要があります。例えば、市販のダウンロード型の会計ソフトについては、数千円程度の安い価格で導入できるものも少なくなく、維持費が掛からないことから、コスト削減に力を入れている企業にとって大きなメリットがあります。一方、流行りのクラウド型の会計ソフトは、大企業などで導入が進められており、ひと月ごとに費用の支払いが必要となるものの、様々な機能をネット上で使いこなすことができます。また、会計ソフトの安さにこだわって製品選びをしたい時には、ビジネス誌などに目を通しながら、ライバル企業などの導入事例を前もってチェックしておくことが大事です。

コストパフォーマンスの良い会計ソフトを選ぶには

コストパフォーマンスの良い会計ソフトは、多くのIT企業などから販売されていますが、財務諸表や給与計算表などの基本的な機能が備わっているものであれば、わずかな費用で購入することができます。特に、従業員数の少ない企業においては、月末や年度末などの経理の作業に時間が掛かったり、一人当たりの従業員の仕事量が多くなったりすることがあるため、早期に使い勝手の良い製品の導入を検討することがおすすめです。
また、会計ソフトの導入コストやランニングコストの相場は、製品の種類によって大きなバラつきがあります。そこで、コストの負担を軽くするうえで、定評のある製品の公式サイトを参考にしたり、顧客相談の窓口を利用したりすることがポイントです。