パソコンの中に、あなただけの専属会計士が!

会計事務の必要性と自動化

会計事務は企業の財務状況を把握するために必要です。会計事務は決算書、収支明細、財産管理が主な業務になります。業務報告は社内だけではなく、金融機関、税理士、会計士などにも報告することになります。この作業は地味で、しかも遅滞なく会計処理を行わなければなりません。会計事務は企業の収入とは無関係だから、少人数が求められています。しかも個人営業ならば、会計事務として人間を雇うことは負担になります。企業でも少数の人員を求めるのだから、個人営業ならばなおさらです。ならば会計事務を自動化し、企業や個人営業の負担を軽減することが最適です。会計ソフトをパソコンで使えば、パソコンの中に専属会計士がいることと同じ効果が得られます。

会計事務の自動化と効果

パソコンの中に会計ソフトを入れれば、パソコンが専属会計士になるのです。しかも明細データを自動で取得し、仕訳も自動で行います。さらにレポートも自動作成できるから、面倒な会計事務が軽減されます。会計ソフトの便利な点は、税制改正や消費税の変動でも自動的に対応できることです。ユーザーが簿記に苦手でも、取引データを自動的に取り込むので、経営状況の把握や決算処理が行えるのです。これで企業の負担が軽減されるだけではなく、会計事務の社員が少数でも最大限の効果を出すことができます。これは個人営業ならば効果的で、会計事務を目的とした社員を雇わなくても良いのです。面倒な会計事務の自動化は、企業であれ個人営業であれ、コストパフォーマンスに優れていると言えます。