会計士の仕事がなくなる?会計ソフトの便利な機能

自社や個人で会計処理ができるようになる

会社や個人事業をしている人は、ほぼ経理や会計業務が必要になります。では経理などが苦手であったり経理部がない会社などはどうしているかです。この時は経理代行業務の利用があります。経理代行のみを行っている会社もありますが、多くは会計事務所を通じて利用できます。会計士や税理士が会社などから業務を請け負い、必要な書類さえ送れば専門的な書類の作成を行ってくれます。しかし最近は非常に使いやすい会計ソフトが出てきて、経理が苦手な人でも簡単に経理業務ができるようになりました。過去の仕訳を呼び出す機能などを利用すれば、会計士に委託をしなくても会計書類までは作成できるでしょう。ただ申告の書類は専門知識が必要なので、その部分は専門家に依頼しないといけません。

個人事業者は会計士を利用しなくてよくなる

会社などであれば、経理の専門部門の経理部などを置けます。しかし個人事業では専門の部門や経理だけを行う人などを雇う余裕はないでしょう。自分で行うか家族にしてもらうかになります。それ以外には会計士に業務委託する人もいました。最近の会計ソフトは非常に便利になっていて、簿記の知識が少なくても仕訳などができるようになっています。ただ、経営状況などは専門家などが見ないとわからないところもあり、まだまだ会計士に頼らないといけない部分もありました。その経営状況把握ができる仕組みなどを備えた会計ソフトが登場しています。過去のデータなどを利用して容易に経営状況が把握できます。この機能があると、会計士への依頼も不要になるかもしれません。