会計ソフトに日々の財務処理から確定申告までお任せ!

手書きでやるよりスムーズに処理

会社運営や事業などを行うとき、日々の取引が発生します。会社であれば法人税を支払う必要があり、さらに株式会社なら株主に決算報告をしなければいけません。会計書類を作成しなければいけないので、できれば取引が発生する都度処理をしておいた方がいいでしょう。いろいろな方法がありますが、手書きで行うとどうしてもミスが多くなり、さらに細かい作業が増えます。取引を仕訳した後に転記をして、集計などをする必要があります。会計ソフトでも仕訳は入力する必要があります。しかし転記はソフトが行ってくれます。集計も自動的に行ってくれます。仕訳入力をすればいいだけなので、日々の処理が非常に簡単です。決算時期の経理業務を大きく軽減できます。

確定申告のための書類も作成可能

個人事業主は、所得税の確定申告が必要です。確定申告の方法として白色申告と青色申告があります。処理が面倒なのが青色申告ですが、税金を節税したいなら青色申告をした方がいいでしょう。複式簿記の手続きや、その他の帳簿の作成などが義務付けられています。会計ソフトは複式簿記に対応しているので、入力すれば自然に複式簿記での帳簿作成ができます。日々の取引を記入しておけば、必要な帳簿が作成できます。確定申告に必要な情報も得られるので、簡単に確定申告の書類作成ができます。税金を多く払っているのに面倒だからと白色申告で行っている人もいますが、早めに会計ソフトの導入をするとよいでしょう。節税した分お金が手元に残るようになります。